読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップ2017

アニメやロマンノワール、映画などについてまとめていきます。

1時間を計れるプレイリストをまた作ったから見てくれ

f:id:officeplaton:20160526192808j:plain

 やぁ、またなんだ、すまない。別に暇じゃないんだが、だからこそというか、ほぼ1時間計れるプレイリストをまたもや作ったんで公開することにした。上のイラストの女性誰かわかる? 永遠のアイドルだよ。この人を知っている世代にジャストフィット的なプレイリストだと思う。

 こないだは「在宅仕事を楽しくするプレイリスト」というタイトルにしたんだけど、そっちよりも「1時間が計れる」と言った方が実用性が高くウケがいいみたいに思った。いや、誰かに確かめたわけではない。自分のなかの何かがそう告げるんだ。だからこのタイトルにした。コンセプトは変わらない。

 選曲の基準も前と同じだ。

1.バカっぽいこと。

2.単純明快であること。

3.楽曲としていいこと。

 なんか違っているかもしれないけど、まぁいいや。確認するのもメンドイ。適当に作ったものだから、みんなも必死にならずに適当に聴いてもらいたい。楽曲としてはいい曲ばかりだと思う。そこは自信を持っておすすめできるから、気に入ったらCD買うなり、ダウンロード購入するなりしたらいいよ。

 曲順には何の意味もないという点も同じだ。ロック中心のラジオステーションだと思ってくれていい。最後がインストという点も同じ。インストが終わると1時間経ってる。

 

1.Banana Spilits (The Tra La La Song) / The Dickies

定番だ。知らない人はいないだろう。1曲目にふさわしい。深くものを考えたくないときに最適な曲だ。2分以内という点もポイント高い。


The Dickies - Banana Splits

 

 2.American Idiot / Green Day 

 問答無用の名曲。数々の栄光を手にしたバンド。単純明快で力強い。このバンドのアルバムはなぜか録音がいいんだよ。スカっと突き抜ける感じが出ていて好ましい。パンクロックが登場したときには、これほどの成功を収めるバンドが出るとは信じられなかった。偉大なバンドと言える。


Green Day - American Idiot [LYRICS]

 

 3.Talking Heads / Crosseyed And Painless

今聴いても衝撃的だし楽しい。知性の否定を追及して生まれた音楽だが、結果的にかなりバカ度の高いものになった。オモロイ楽曲である。このアルバムはすべての曲がワンコードという点で画期的な作品。はいそこのキミ、「反知性こそが知性的活動であって」みたいなメタっぽい発言しないように。そういうの正直うんざりなんだよ。


Talking Heads - Crosseyed And Painless (HQ)

 

4.Let's Go / Cars

カーズもいい。良い曲をたくさん作っている。これは有名な応援スタイルをそのまま採り入れるというベンチャーズ的な何かだ。メロディーも歌詞も分かりやすい。知ってる人も多いと思う。名曲。アナログシンセのぶっとい音が良い。


The Cars - Let's Go [promo].avi

 

5.New Song / Haward Jones

これも最高だ。とにかくこのプロモビデオを観てほしい。スキンヘッドのパフォーマーが最高なんだよ。この人はライブにも出演してて、ファンに絶大な支持を集めていた。1:58まで必ず観てくれ。キミもきっと好きになると思う。楽曲もハッピーだし、PVもハッピーだ。


Howard Jones New Song HD

 

6.Uncontrollable Urge / Devo

今度はディーヴォだ。バンドのデビューアルバム1曲目の衝撃度としては史上最高レベル。振り切っている。有名な『サティスファクション』のカヴァーが2曲目。完璧だ。面白いと思ったらぜひ聴いてみてほしい。


Devo Uncontrollable Urge

 

7.Monkees / I'm A Believer

モンキーズのデビュー曲だ。イントロは3小節しかない。ポップスの魅力がたっぷり詰まった楽曲。3分以内という点もいい。モンキーズはアメリカンポップスのとんでもない実力を知ることもできるので、1回まとめて聴いてみるといいさ。

 

8.Fly Like An Eagle / The Steve Miller Band

あんまりバカっぽくはないんだけど、スティーブミラーバンドは超がつくほどお気に入りなので紹介したい。あまり言われないけど、この人は天才だと思う。何をやっても「スティーブミラーの音楽」というものになる。独特の妙なムードと、ねじくれたポップセンス、意味がよく分からないギターソロ。


Space Intro / Fly like An Eagle - Steve Miller Band

 

9.Holiday In The Sun / Sex Pistols

一応ピストルズも入れる。1枚だけアルバムを残して去るというパンクらしいパンクバンド。このアルバムからなら、どれでもリストに入れていいと思った。今回はこれ。たまに入れ替えてる。


Sex Pistols - Holidays In The Sun

 

10.Born To Lose / The Heartbreakers

どうしようもないダメバンドだ。だがそこがいい。すっごく頭の悪い感じの音楽。演奏も下手だし、歌も全然うまくないところがいい。学校の成績も悪かったんだろうな。いや、知らんけど。イントロから歌に入るところが超バカっぽいんだよ。


The Heartbreakers - Born To Lose

 

11.Hurry Up Harry / Sham 69

歴史に残るクソパンクバンドだ。尊敬している。こういうスタイルのパンクバンドというのは今でもたくさんあるが、その元祖的な存在。騒ぎたいだけの若者というかバカ者のために作られた楽曲。こういうアホらしい曲を数多く作っている。どれを聴いてもあまり変わらない。変化や成長が微塵も感じられないという点で高く評価できる。


Hurry Up Harry+lyrics

 

 12.Hungry Like A Wolf / Duran Duran

デュランデュランもいいバンドだ。良い楽曲をたくさん残している。これはヒット曲だから知っている人も多いだろう。2010年代の今こそ聴きたい。他にも多くの良質な楽曲があるが、これが一番バカっぽくて好きだ。


Hungry Like the Wolf - Duran Duran

 

13.Catch Your Train / Scorpions

スコーピオンズは偉大なバンドだ。ポップなセンスも持ち合わせている。これは4枚目のアルバムの2曲目。例の少女のジャケットで有名なやつだ。名盤である。


Scorpions catch your train lyrics

 

14.Song2 / Blur

おそらくブラー最大のヒット曲。なんでこういう路線で突き進まなかったのか。このあたりが英国中流階級出身の限界という感じがする。まぁそれはいいか。とにかく名曲。2分ちょっとしかないという点で評価に値する。


Blur - Song 2 (HD Official Video)

 

15.Long Live Rock'n'Roll / Rainbow

レインボーとかいう何のヒネリも感じられない名称のバンド。ベストメンバーによる傑作アルバムの1曲目。まさに自信と気迫にあふれている。コージーパウエルのドッカドッカというドラムがとにかくカッコいい。


Rainbow - Long Live Rock 'n' Roll (with lyrics)

 

16.Thunder & Lightning / Motörhead

モーターヘッドに学習機能は付いていない。これは彼らの22枚目のアルバムであり、最後の作品であり、レミー・キルミスターの遺作でもあるアルバムの2曲目。一切容赦のない音の暴力。40年間これを続けた意志の強さに敬意を表したい。

 

17.Are You Gonna Be My Girl / Jet

埋め込みコードというのを使えばいいというのを上で学習した。どうやら自分には学習機能がついているようである。喜ばしいことだ。良く知られた楽曲である。ジェットというのは、ほぼこの曲を発表するために生まれたバンドだと思う。

 

18.Soul Bossa Nova / Quincy Jones

ラストのインスト曲はこれ。ロックナンバーではないが、好きなので。みんなもきっと知っているだろうと思う。

 

  以上だ。これでだいたい1時間になる。おおよそだ。59分何秒かだと思う。楽しんでいただけたら幸いだ。好評ならまたやる。好評でなくてもやるかもしれない。何か感想でも寄せてくれるとありがたい。

 

 人生はシンプルであるべきで、悩んでいた時間がもったいなかったと思えるようになって、初めてその人らしい暮らしができるようになると思う。なんか調子悪いなと感じたら、いい音楽を聴いて寝てしまうのが一番だ。そういう考え方ができる一助になればと願ってやまない。

 

 またね。元気で暮らせよ。