ポップ2017

アニメやロマンノワール、映画などについてまとめていきます。

2013年冬の緊急提言「お前ら『GJ部』を観ろ!」

 

f:id:officeplaton:20130121214750j:plain

2013年の冬アニメがほぼ出揃いました。

今期は『GJ部』をお勧めします。(「ぐっじょぶ」ね。「じーじぇーぶ」じゃないから)

 日本テレビ 水曜25:29~

日テレオンデマンド 本放送終了後ネット配信

 

1.中身のなさについては極北感あり

事前の知識はまったく必要ないですね。というか、何も内容はないです。いままで散々『けいおん!』や『ひだまりスケッチ』の内容がどうのこうの語っていたのがバカらしくなるレベル。これはまったく何もないです。どうにもならないほど中身がない。素敵にからっぽです。なぜアニメ化したのか。なぜ日本テレビなのか。疑問が次々と湧いてきます。しかし、妙な快感がある。それは保証します。観ていて気持ちいい。癖になる味です。可愛いキャラ、絶妙な作画スタンス、「どうしてそうなった?」とツッコミを入れたくなる演出、無駄にうまい声優さんの演技。日常系アニメの極北を観る思いです。

 

2.キャラがいい!

 f:id:officeplaton:20130121215842j:plain

 近年多い「何が目的なのか分からない部活もの」です。主人公の四ノ宮京夜(しのみや きょうや)をツッコミ役にして、周囲に個性的な4人の女性キャラを配しています。全員可愛い。特に、アップの作画が無駄にいいです。力が入っている。かなりの見ものだと思います。部長の天使真央(あまつか まお)がなんとも可愛い。「ふふふのふ」「レディのゴーだ!」などのセリフに中毒性がありますね。CV:内田真礼さんGJです。

f:id:officeplaton:20130121220752j:plain

ホレ、可愛いでしょ。ピンと来た人は観ましょう。

 

3.制作は動画工房だから安心だ!

f:id:officeplaton:20130121222856j:plain

制作は『ゆるゆり』でヒットを飛ばした動画工房。その名の通り、長年にわたって動画や作画の協力会社として数々の作品に関わってきたスタジオ。大手から独立し、わずかの間に『ゆるゆり』をヒットさせた実力派です。しかし、心配はいりません。メインのスタッフは今期話題の『琴浦さん』を手がけています(この論理展開を分かって欲しい)。監督はこれが初となる藤原佳幸さん。キャラデザはメインの中島さんではなく、外部の人(大島美和さん)。こう言っては失礼だと思いますが、おそらく「二軍」です(なにせOPで「二軍」って言ってます)。ときどき、高校に「第2演劇部」があったりしますよね? 「演劇部」がチェーホフだの「人形館」だのをやってる脇で、前衛劇を突発パフォーマンス的に上演したり、何を狂ったのかショートコント連発をやってみたりする。あのノリです。総作画監督の曾我篤史さんがいい仕事してます。元気のいい作品。作画好きな方には背景美術に注目です。細かいところにまで手が届いていて、かなり楽しめます。

 

〈ちょっとマジに〉

全体的にふんわりとしたアトモスフェアが漂っています。柔らかい。キャラデザインをうまく作品に落とし込んでいる印象です。日常系作品として何よりも大切な「空気感」がしっかり出ています。これは普通の意味で高レベルだと思います。おそらく今後も部室しか出てこないでしょう。いわゆる「シチュエーション・コメディ」ですね。アングルやカットの切り替えしがうまくいっています。部室の立体感も良く出ている。目を飽きさせない工夫が随所に感じられ、アニメ的な快感があります。

 

4.こ、この演出は狙ってるのか?それとも天然か?

  f:id:officeplaton:20130121223723j:plain

 監督として初作品となる藤原監督。この方が何かを狙っているのか、もしくは天然なのか分からない。「え?」「なんで?」「これで終わり?」「オチないの?」「で、いつまでこのネタ引っ張るの?」「何が言いたいの?」などの疑問と、理由の分からない笑いがふつふつと湧いてきます。尺の使い方が明らかにおかしい。自由すぎます。今まで観て語ってきたアニメの歴史はどこへ吹っ飛んでいったのか。第2話Aパートのぶった切りには驚きを禁じえなかったです。計算だとしたら、この人は天才かもしれない、という思いと、リソースないから苦し紛れだろうという思いが交錯します。不思議な演出と、マンガチックなキャラ、声優さんの可愛い演技、やけにリアルな背景、ポップなレイアウトなどが渾然一体化し、独特なワールドを作り上げています。音楽の百石元さんの無駄遣い感もすごい。

 

4.こんな人にお勧め

f:id:officeplaton:20130121225735j:plain

1.『てーきゅう』『キルミーベイベー』を全話観ている。

2.ファミコンに思い入れがある。

3.YMOが好きだ。

4.村上春樹より初期の高橋源一郎の方が偉大だと思っている。

5.臨死!!江古田ちゃんのドラマを観ていた。

6.京アニやシャフトの超絶作画を観ると疲れる。

7.スケールフィギュアもいいが、ねんどろいどに思い入れがある。

8.「駄々っ子パンチ」するちっちゃい女の子が好きだ。

9.ハイテクよりローテクにこそ味があると思っている。

10.とにかく疲れている

 

このうち、どれかに当てはまった方は『GJ部』を観るべきです。今観ないともう観る機会はないです。2013年冬アニメのアニファン界隈の話題は『ビビッドレッド・オペレーション』『たまこまーけっと』『琴浦さん』『ささみさん@がんばらない』に任せておけばいいのです。我々「アニメ廃人」『GJ部』を観ましょう。何も疑問に思う必要はありません。1月24日まで日テレオンデマンドで第1話第2話が無料で配信されています。

まだ観てない人は早く!

お前らに告ぐ。「GJ部を観るのだ!」 

f:id:officeplaton:20130121233708j:plain