読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップ2017

アニメやロマンノワール、映画などについてまとめていきます。

2012年、テレビアニメばかり観ていました。

2012年12月現在放送中で視聴を継続しているアニメを最終回まで観た場合、私は2012年にテレビアニメを90本観たことになります。1クール作品も、それ以上の期間放送された作品も全部含めての話です。しかも、この数字は新作アニメに限ったものです。再放送の作品を含め、週に30本以上観ていました。

 

ニュース、バラエティ、ドラマなどの番組はほとんど観ていないですね。今年人気が出たという、とある芸人さんですが、私の知らない間に売れっ子になり、私の知らない間に怪我をして、私の知らない間に復活してました。たぶん私の知らない間に消えていくのかな、などと思っています。

 

〈なぜそんなにアニメを観たのか〉

 1.アニメ視聴者としてアップデートする。

  →「今の作品」にとにかく触れてみよう。量をこなせば見えてくるものがある。

2.面白いものを見逃すのはツラい。

 →近年、自分には合わないと思っていた作品が実は自分向きの良作だったと後で気づくことが何度かありました。これではいけないですね、アニメファン失格。

3.バラエティがつまらない。ニュースはネットで十分だ。

→急に面白くなくなりました。観る番組がない。テレビが大好きなのに。もうアニメを観るしか手がないわけです。

4.評価眼が曇っている。

→偏った見方を自分はしているのではないか? 一度リセットしてみよう。

 

だいたいこのような理由です。

 

〈アニメを大量に観て思ったこと〉

1.嗜好の範囲を広げるのは難しいことである。

→当然ですね。ただ、今まで観ようともしなかった作品であっても、観てみたら意外に面白かったということもありました。収穫。

2.これはベスト作品、ワースト作品を選ぶべきである。

→このブログを始めるきっかけになりました。ツイッターで感想をつぶやくと、反応が返ってくるようになり、何かの形でまとめるべきと思いました。90本というと、話題作だけでなく、マニアックなもの、レベルの低いもの、作り手の意図を測りかねるもの、様々な種類の作品を観ることになります。選ぶ権利が私にはある、と思いましたね。

3.アニメは楽しい。

→元来、「映画であれアニメであれ、映像である限りそれは善である」という考えです。今のアニメは作画も良く、たいていの作品にいいところがありました。もっとこの楽しさを伝えるべきだと思いましたね。

 

〈さぁ、発表してみよう!〉

 

というわけで、2012年のテレビアニメについて色々と語らせていただきます。

発表するのは以下の項目です。

 

1.アニソンベストテン

2.OP&ED映像ベストテン

3.作品ベストテン

4、作品ワースト5

 

なぜワーストが最後かというと、ワースト呼ばわりするからには、それなりにきちんと観ておく必要があると思うからです。これを書いている12月31日現在、もう少し時間をいただき、観直しておこうと思っています。

また、ベスト作品・ワースト作品については「特に良かった話数」を紹介したいと思っています。ワーストの「特に良かった」というのは、もちろんワーストととして良かったという意味。

 

観直すという作業は結構ツラいものがあります。orz

 

正直、これは結構くるものがあります。心身の健康に障害をきたすレベル。しかしもう遅い。ツイッターのフォロワーのみなさんの期待がひしひしと伝わってくる。ああ、軽く発言しただけだったのに。「楽しみにしてますよ」と言われたらやらざるを得ません。今必死で観ております。もう少しお待ちください。必ずやります(どっかの政党の公約のようだ)。